山と自転車

登山とロードバイクにのめり込んでいる人

【DNF】ロードバイクで200kmライドに挑戦

初挑戦の200kmライドに挑戦して両側の腸脛靱帯炎を発症して180km地点でリタイアした、悔しくて死にそうな思いを記事にしました。戒めと備忘録。

 

ロードバイクに乗るようになり10年近くが過ぎたが自分でも不思議なくらい一貫してロングライド、自転車旅が好きでレースに一切興味が沸かない私。弱虫ペダルにハマっても自分がレースに出てみたいと思うことはなかったが、強烈に刺激を受けた作品が「ろんぐらいだぁす」である。

自転車漫画としては珍しくレースを題材にしておらず、ブルベやFleshといったロングライドに特化した作品である。レースには興味が出なくともこの作品をきっかけにブルベには非常に興味が出て、来年に出てみようと考えている次第。

ということで一度200kmオーバーをやっておこうと思い立ち、Google Mapであれこれルートを考えた。

200kmオーバーを走っておこう、という目的とはいえ、距離を走ること自体が目的になるのは精神的に辛いので目的を作ることにした。矛盾してるようだけどこう言うしかない。海無し県こと山梨県在住なので、海を見に行くという名目に200kmを引いた。

甲府の自宅から国道20号を進み、高尾から八王子、国道16号を経て467号線を通り江ノ島まで行くルート。これで約125km。往復すれば250km。トラブルがあっても小田急線、横浜線などを乗り継げば輪行エスケープできるし200km達成した時点で輪行に切り替えてもいい。初挑戦だしこのくらい保険をかけておいた方が良いだろう。

 

季節は10月頭。朝夜は寒くなり始めるが日中はまだ半袖でも過ごせるくらいの季節。ロングのレーパンに半袖ジャージ+アームカバー、ウインドブレーカーで体温調整する作戦にした。

朝5時半に自宅を発ち、薄暗いうちに20号を東京方面に進んでいく。山梨→東京方面は標高的には下り基調だがアップダウンがある。甲府発では笹子トンネルまでの25kmは基本登りで斜度はきついところで8%くらい。ロングライドの基本「ギアは残さず脚を残す」を胸に、普段より早いタイミングでフロントをインナーに落とし、ちょっとでも踏む力が必要に感じたら躊躇わずに最小ギアまで落とす。

 

本当ならパワーメーターで一定のパワーを保つとか、心拍数を目標範囲に保つようにするのが指標として良いんだろうけど、パワーメーターはガチのレース用機材というイメージがあるし高いし単に自転車を楽しむという気持ちが薄れる気がして使いたくない。心拍数はジムでもよく見るパラメータで疲労度に直結して分かりやすそうだからそのうち導入したいところ。

今回はCYCLE SPORTSのロングライド特集で目にした、ロングライドに適した運動強度の指標の一つである「会話を続けるのは難しいが長時間保つことができるペース」を目指し、時折一人で喋ってみたりした。

20号は笹子トンネルまで登り、以降は下り、上野原付近で登りになり相模湖を抜けるくらいまで上りが続く、というイメージ。登りは極力脚を使わずに進み、時速でいうと10-15km/hくらいを維持し、下りで40-60km/hくらい出して時間を稼ぐ。

相模湖辺りになると急に東京方面から来るローディが増えてきて軽快なダウンヒルを横目にノロノロと登る。やたら登るなと思っていたら有名な大垂水峠だったらしい。たぶん東京方面から登るほうがキツそうな感じだった。

20号は明らかに東京→山梨の方が登り基調で、この時点で往復する選択肢は消えた。すると帰りは八王子から特急に乗るのが乗り換えもなく最もスムーズなので、江ノ島を経由して八王子まで走って200kmになるルートを頭の中で考えつつ走る。

 

大垂水峠からは高尾まで下り、以降は江ノ島まで基本的に平坦な道になる。ここまでは下りでの帳尻合わせが功を奏し、概ね目標としていた平均25km/hのペースで来ていた。

気付けば事前に作成していたルートからは大幅に外れ、サイコン上に表示されなくなっていたので高尾からはマップを見なくても走れるルートを選択した。

道が狭く車と信号が多く走りづらいことは分かっていたが、町田街道を町田方面に向かって進み、相模原付近で国道16号に乗り換える。246号と合流するまでは町田街道を進んでも良いのだが、まだ16号の方が道路脇が広く走りやすい。

246号に合流したら厚木方面に右折、すぐに江ノ島に続く467号と分岐するのでそちらに左折する。あとはひたすら467号を南下していくと江ノ島に到着する。藤沢駅に近づくにつれて信号と車がますます増えていく。

ストレートに江ノ島まで行って八王子に帰ると180kmで20km足りない。なので藤沢駅から鎌倉を目指し、海沿いの134号線を茅ヶ崎まで走ることで20kmを稼ぐことにした。由比ヶ浜での1枚。

134号は鎌倉から江ノ島方向に走るとちょうど左手に海が見えて、右側には道路を挟んで江ノ電が伴走している、湘南を象徴する道路である。高校生の頃はロードバイクはそれほど目立たずオートバイばかりだったように思うが、年々自転車乗りが増えている。

大好きな作家の1人、貴志祐介の「青の炎」の舞台でもあり、アリバイ工作のためこの道をロードバイクで猛スピードで駆け抜ける描写が心に刻まれている。

スタートから6時間半、走行距離140kmで江ノ島に到着。直江津集合みたいに江ノ島の海水を小瓶に入れて運ぶやつやりたかったが容器の準備を忘れていた。

体力的にはまだまだ余裕はあり、残り60kmで200kmクリア、ゆっくり走ってもブルベの規定タイムはクリアできるし何ならもう少し走れちゃう??なんて思っていたけれど。

110kmくらいから、わずかに右膝の外側に感じていた違和感が完全に痛みに変わってしまっていた。これは瀬戸内ツーリングで経験した地獄の腸脛靱帯炎に違いなく、この状態からペダリング不能までは長く保たないことは分かっていた。ただし、前回に比べると程度はましで少し休むと一時的に痛みが和らぐ。

 

距離を稼ぐべく江ノ島から茅ヶ崎方面に適当に進んだところで方向転換し、辻堂から湘南台まで抜けていき467号に合流、最後は16号沿いに八王子まで進むのを計画。160km地点でいよいよエネルギー切れが深刻化してきたのでラーメン屋で補給。期待したのは食事中の休憩で膝の痛みが軽快することだったが、全く改善せず、それどころか左側まで同様に痛み始めていた。

 

467号は小田急江ノ島線と伴走するのでどの地点からでも5kmも走れば輪行に逃げることはできた。桜ヶ丘辺りでリタイアを本気で考えたものの、土曜の町田駅の人手の中、この脚でばらした自転車を抱えて小田急線から横浜線への移動を想像したらまだ走った方がマシだと思った。体力が余っていても身体が動かなければもう終わり。いよいよ200kmクリアは諦める気になり、町田をゴール地に再々設定した。

 

膝が痛くてペダルに力が伝えられず、平地でも20km/hくらいしか出せない。欠かさず持ち歩いている鎮痛剤を飲んでも物理的な痛みには効果がないようだ。16号に出たところで青看板。八王子までの距離を現在の走行距離に足すとちょうど200km。やはりボロボロでも八王子まで行くか?と思いながらも膝痛には勝てなかった。心のなかでDNFを宣言し、町田駅に向かい右折する。

 

走行距離180km、腸脛靱帯炎によりDNF。客観的に考えて、膝痛がなければおそらく200kmは9時間くらいで走れたのではないかと思う。

実際に約200kmを走ってみて、獲得標高によってかなり変わってくるとは思うが、今の自分は200kmオーバーを走る体力は持っていると考えられた。コンビニ補給3回とラーメン補給1回で、コンビニでは毎回950mlのアクエリアスと氷を買ってボトルに詰めた。

ラーメン補給の後は膝こそ痛かったが気力とスピードが回復したので、振り返るとカロリー補給が足りなかったと思われる。空腹を感じる前に補給するのが良いようで、次回は時間や距離で補給する間隔を一定にしてみようと思う。

深刻なのは腸脛靱帯炎だが、とりあえず出来ることは筋膜リリースやストレッチ。特に前回効果を感じた筋膜リリースは日々継続してみる。

 

初挑戦の200kmライドは残念ながら完走できなかったが、消耗度を実際に知ることができたのは大きい。また近いうちルートを変えて挑戦しようと思う。