山と自転車

登山とロードバイクにのめり込んでいる人

【ミニベロ専門店】GREEN CYCLE STATION YOKOHAMAで試乗しまくってきた

横浜みなとみらい地区にあるミニベロ専門店「GREEN CYCLE STATION YOKOHAMA」

ミニベロ雑誌には必ずと行って良いほど紹介されており、ブロンプトンBD-1はもちろん、TyrellやTarutaruga、キャリーミーなど様々な小径車を取り扱う有名店。

2年前にこちらでブロンプトンを購入し、私の両親もこちらでブロンプトンを購入した。先日のしまなみ海道ツーリングで、両親もフロントチェーンリングを44tに交換するということで久々に訪れたので紹介。

 

お店は山下公園、横浜中華街近くで、JR桜木町駅から自転車で10分ほど。徒歩で行く場合にはみなとみらい線日本大通り駅が最寄りになる。このエリアはLORO横浜やワールドポーターズ内のワイズロードなど、自転車ショップが複数ある。

店先には大量のミニベロが並びすぐ分かる。

店内には折りたたみ自転車をメインとしたミニベロが所狭しと並んでいる。ブロンプトン用の純正/サードパーティ製のバッグやカスタムパーツの類も豊富に扱っている。いつ行っても商談中の客や納車時の説明を受けている人がいて、相当売れているのだろう。

納車の際は1時間ほど、みっちりと折りたたみ方や注意点などをレクチャーしてくれる。この日はBD-1を納車した人が、畳み方の練習をしていた。チラチラ見ていたが複雑そうだった。

メンテナンスやカスタムに関しては予約制ではなく、時間によっては持ち込んでその日のうちに持って帰ることができる。とはいえ混雑することも多いので事前に連絡はした方が良い。

この日は17時までに持ってきてくれれば19時の閉店までには返せるとのことだったので店内で待っていた。

 

このお店の特徴は全ての自転車に試乗させてもらえること。しかも私の知る限り最も気軽に。

待ち時間の間色々乗ってみようと納車の時に説明を受けたスタッフの平田さんに声をかけた。

「すみません、試乗をしt」

「どうぞ。事故とかだけは自己責任になっちゃいますけど、好きに乗ってください」

以上。

店によっては一筆書いたり、その場で自転車保険の加入が必要になるところもあるというのに、相変わらずのフリーダムスタイル。店先のミニベロは一部を除き鍵はかかっておらず、文字通り好き勝手に乗らせていただいた。

まずはDAHON K-3

ブロンプトンより一回り小さく14インチ、変速は外装3段、完成車状態で7.8kgで約10万円のコストパフォーマンスに優れたイカした自転車。当初両親はこれを買おうとしていたらしい(ライダー体重80kg以下が推奨なので体重制限で諦めた)。

折り畳み機構はメインフレームが折れる一般的なタイプ。正直期待せず乗ってみたところ驚愕の走行性能。さすがにブロンプトンに比べ剛性感は落ちるものの、よく進む。ギア比も激坂には厳しそうだが平地メインならばちょうど良いところ。そして何よりめちゃくちゃに軽い。これなら輪行がもっとアクティブにできるだろうなぁなどと思っているうちに欲しくなった。

続いて日本の誇る”モバイル自転車”という新しい概念のもとに生まれた近未来感漂うおしゃれバイクのirukaである。

折りたたみ機構はブロンプトンに似ているが、最大の特徴はメインフレームに空いたスリットに後輪が収まる斬新な機構であり、これにより折りたたみ時の高さ35cmという驚異的なコンパクトさを実現している。横から見て正方形になるブロンプトンに対し、irukaは長方形の縦長の形に折りたたまれる。フレームはmacbookを思わせるアルマイト加工を施した美しいアルミ製で、フレームトップにはイルカをイメージした鼻が付いている。おまけにフロントは片側フォークというカッコ良い詰め込み過ぎ案件。さらに後輪はまるでエアロバイクのようなディスクホイール風(これは折りたたみ時に怪我をしないための装備らしい)。

現在はスポーツラインのiruka Sとコンフォートラインのiruka Cがあり、変速はそれぞれ8速、5速。今回試乗したのはiruka C。フレームが折れないことにより剛性が高く、ブロンプトンに比べるとかなりスポーツサイクル寄りで、グングン進む。

これだけ語ってしまうのはブロンプトンとirukaで迷っていたから。二者択一でブロンプトンを選んだけれど、いつかirukaも迎えたい。妻用と称してそのうち買うと思う。

続いてはうどん県、香川県さぬき市で生まれたブランドTyrell

Tyrellはミニベロをメインに展開する、フレームの素材からデザイン、塗装、など全ての行程を徹底的に拘っているという洗練されたデザインと優れた走行性能を売りにするメーカー。最近はロードバイクも作っているよう。

以前からたまに見かけることがあり、走行性能が高いとよく雑誌で目にしていたのでこの機に試乗。結果としては今回乗ったミニベロの中で最もロードバイクに近い走行感だった。まず他のミニベロと圧倒的に異なっていたのがフレームの剛性。漕いだ瞬間、ミニベロらしからぬ硬さを感じ、踏み込んだ力が全て推進力になる感覚があった。以前乗っていた踏んだ瞬間に進むカチカチのアルミロードを思い出した。ドロップハンドルならば100kmを超えるライドも難なくこなせるんじゃないかと思う。見た目も良いしロードバイクのサブ機として欲しい…。

続いて三角形のフレームが特徴の変わり種自転車のSTRiDA

変速はないがよく考えられたギア比で街乗り車としてピッタリ。よく見るとこれも片側フォーク。バランスが難しいと聞いたが極端に尻荷重にしなければ普通に乗ることができた。一般的な自転車の乗り心地とは全く異なり、安定する一輪車というか、腰を引いて足を前に出して漕ぐ形になるので不思議な感覚だった。意外にもよく走る。

ずっと気になっていたTarutaruga。日本生まれの自転車。今回乗ったのはリカンベントに近い乗車姿勢になる、背もたれ付きのこちら。これは少し説明を聞きながら乗らせてもらった。背もたれに腰を付け、踏み込んだ時に腰に感じる力が通常ペダリング時に逃げていく力で、この自転車はその力をペダルに伝えることができるという。完全に寝そべる状態ではないが、普通の自転車と比べるとかなり後傾姿勢になるので視界が広い。気分はアメリカンバイク。肝心の走行性能はというと、スピードに乗るのが早い早い。乗車姿勢が流線型に近づくので空気抵抗が少ないのを感じることができる。自転車の世界最速記録132.4km/hを叩き出した、最速の自転車リカンベントのエッセンスを感じることができるバイクだった。ただしリカンベントは登りという大きな弱点があるので総合的にはロードバイクが覇権を握っている。スタッフの佐々木さんはこれで箱根峠を越えたという(地獄だったらしい。そりゃそうでしょうね…)。

 

写真を取り忘れたが他にBD-1とCarry Meにも乗った。BD-1ブロンプトンとよく比較され、より走行性能を高めたスポーツサイクルという位置付け。個人的には興味を持ったことはなかったのだが、せっかくなので乗ってみるとやはり王道、とにかく漕いでいて気持ちの良いバイクだった。サスペンションがよく効いていて、ミニベロの弱点の段差を超える衝撃をかなり緩和してくれていた。また、乗車姿勢は前傾を取るのでミニベロロードに乗っているような感覚で、これはロングライド向きだわと思った。ロードバイクを持っていなかったら相当迷ったと思う。

Carry Meはキックボードを思い出すほどの極小タイヤとおもちゃのようなファンシーな見た目、傘立てに入りそうな折りたたみスタイルで一度見たら忘れない系自転車。当然ロングライドやスポーツライドではなく街乗りに特化した自転車である(当然、Carry Meで100km越えとかヒルクライムをする変態は居ます)。さすがに見た目通りに振動をダイレクトに受けるものの、想像するよりはよく走る。何より小回りがめちゃくちゃに効くし、都市部で日常的に輪講する場合は縦長細長の折りたたみ機構の方が満員電車でも持ち込みやすくて理にかなっていると思う。STRiDAと同様唯一無二系なのでファンが多いのも納得。

 

いずれも「好きに乗ってどうぞ」のフリーダムスタイルで、車両の入れ替え時も特に断りを入れる必要もなく、友達の家の自転車を借りるよりも試乗のハードルが低い。

これだけ好きに乗らせてもらえると劇的な恋に落ちることもあるだろう。来る度に売れている理由も納得。私はirukaへの思いが再燃したのとK-3が欲しくなったのとSTRiDAかCarry Meをとりあえず持っておきたくなったのと大忙しだった。

 

ミニベロに興味があればここに来れば間違いない。興味がなくても興味が出てくること請け合い。自転車好きなら一度は訪れてみて欲しい。