山と自転車

登山とロードバイクにのめり込んでいる人

【初心者でも完走】2022.9 しまなみ海道 ブロンプトンツーリング②

初めて島で朝を迎え、ゴールの今治を目指して走り出す。

mountain-road.hatenablog.jp

大三島スタートでは直線距離は40kmくらいですぐに走り終えてしまう。せっかく島を楽しむ時間の余裕があるので、寄り道しまくりながら進むことにした。初日両足を攣ってダウンした父もなんとか回復したようだった。

行きの向島渡し船で聞いた、大三島大山祗神社(おおやまずみじんじゃ)に行くことに。大海原の神様、渡航の神様で各地の船乗りたちが安全祈願に訪れる場所だとか。海上自衛隊も参拝に来る、由緒正しき神社だという。

大三島の東岸を走るブルーラインに対して、大山祗神社は島のほぼ西端に位置している。サイクリストの聖地碑から往復して15kmくらいだろうか。島の真ん中、山を通り抜けるのが最短となる。

登りとはいえ斜度は6%くらいで半分は下りになるのでそれほど大変ではない。ただしそれは乗りなれている人の話。後で両親からは恨み言を言われた。

樹齢2600年の御神木。初日の大山神社とはかなり雰囲気が異なり、厳かな空気が漂う。しまなみ海道にちなんだアイテムが売っているようなこともなく、純粋にお参りに来る場所だった。

行きは車道をそのまま進んだが、帰りは脇道を発見した。大山祗神社から島の東に向かう道の途中、右手に細い道がある。道路に看板が出ているのでそれに従い進む。

木陰が多く、斜度が3%くらいで橋のスロープと同じような感覚で進めるので大山祗神社の帰りはぜひこちらの道を。

大三島を出る直前、漫画に出てきたレモン雑貨のお店「大三島リモーネ」に寄り道。ブルーライン沿い、この青看板のところで右の細い道に入っていく。

するとどことなく沖縄の雰囲気を感じるような、可愛らしいお店が出現する。店内は撮影禁止だったので外観のみ。レモネードやレモンアイスを頂くこともできる。はっさくジュースの酸味が強烈で身体に染みた。漫画を読むまでこのお店の存在自体知らなかったが、ここはまた立ち寄らせてもらおうと決めた。

伯方島に渡るスロープを少し超えたところで展望台の文字。いつも素通りしてきたので試しに言ってみることに。短い激坂を超えると東屋がある。

…うん、たまにはこういうこともある。木々が生い茂っていなければよかったのかもしれないけれど、次からはまた素通りでいいかな…。

伯方島しまなみ海道で最も走行距離が短い島で、「伯方の塩」で有名ではあるものの気づいたら通り過ぎているという島でもある。雑誌で見た博多の塩ラーメン「さんわ伯方島本店」にずっと行ってみたいマークを付けていたので、この機会に行ってみることにした。

大島に渡る橋を通り過ぎて島の反対側に行くので、大三島大山祗神社と同様、往復での寄り道になる。この道は補給箇所が少なくアップダウンも多いため気軽に行くと体力と時間のロスが大きくなる。

往復10km、ただラーメンを食べるためだけに走ったことがあるだろうか。私は当然あります。100km先の店でご飯を食べるために走るのもよくあります。

しかしきっと両親にとっては初めてのことだろう。出不精ゆえ普段なら車ですら行かない可能性がある。「暑い」「まだ着かないのか」「別にラーメンじゃなくてもいいよ」などとうるさい父を”あのしまなみ海道の有名なお店”というフレーズで鼓舞する。

整理券を配っているくらいには普段混んでいるようだが、平日旅のメリットで一瞬で入ることが出来た。

横浜家系ラーメン至上主義の我々からすると普段は食べない類の繊細な味わいで、”海の味”を目指したという、優しい塩ラーメンであった。

個人的には一度来てみたい店であったので良かったが、往復の道のりを考えるとブルーライン沿いのマリンオアシスはかたで食べれば良いと思う。(これも後で恨み言を言われた)

ブルーラインに復帰し最後の島、大島に渡る。しばらく海沿いを走った後は島の中央を抜け、宮窪峠を登る。以前訪れた時に、ブルーラインの海沿い最後にあった綺麗な砂浜昼寝をした覚えがあったが記憶の中の砂浜と一致しない。

5月撮影の同じ場所。

よく見ると脇の河口の推移が明らかに増していて、時期なのか時間なのかは分からないが、潮の満ち加減の問題だったようだ。

しまなみ海道最大の峠、宮窪峠。漫画の中では最も辛かったところ、として登場している。斜度は7%ほどだがロクにロードに乗っていなかった初回の時には苦しんだ覚えがある。

両親には押してきなさいと先手を打った。

とはいえ峠、と聞いて想像するような山道ではないので安心してほしい。近所の坂がきついところ、くらいの範疇だと思う。

そして大島といえば亀老山。両親が自転車で登るのは天地がひっくり返っても不可能だし、全て押して登ると1時間近くかかる可能性があるため行かない予定だったが、しまなみ海道と聞いて想像する、雑誌によく出てくる橋バーンの写真はほとんど亀老山からの眺めなので素通りするのも惜しい…。

ということで調べるとやはりあったタクシー。ブルーライン沿い、大島最後にある道の駅「よしうみいきいき館」のホームページに亀老山が紹介されており、大島タクシーで展望台まで行けることが判明した。片道2500円。ブロンプトン2台はもちろん積めるということなので手配した。

私はというとブロンプトンに乗って亀老山ヒルクライムを始めようとしていた。別にヒルクライムが好きなわけじゃない、むしろヒルクライムは嫌いなのだが、ロングライドを趣味にしていると峠は避けられないので渋々走るようにしていて、そうこうしているうちに多少ミイラになった。

初回はロードバイクで足を付いてしまった因縁の地、ブロンプトンで登ったらどうなるのか好奇心に支配されている自分に気づく。陸上部で400mをやっていたのでその辺りのM気質は持ち合わせている。

結論としては20分で登頂、足も着かず、あれこんなもんだったけ、なんて思う始末。さすがにフロントチェーンリングを純正の44tに交換してなければきつかったとは思うが、あっけなく終わった。トレーニングの成果が出ているのは嬉しい限りだが慣れとは恐ろしいもので、即座に「じゃあ美ヶ原くらい登りにいくか」なんて考えていた。繰り返すけどヒルクライムは嫌いです。

まるでブロンプトン乗り3人が必死に登って迎えた景色のようだが、うち2台と2人はタクシーで運搬されている。

父「登ってくる奴らが俺を勇者を見る目で見てくる」

激坂ダウンヒルを楽しんでもらい、いよいよ来島海峡大橋。全長4kmというのが未だに信じられないが、確かに明らかに走っても走ってもまだ橋の上。

ちなみに先程の亀老山展望台は山の景観と調和すべく設計されたそうで、遠目に見ても分からないステルス展望台である。

ズームすると展望スペースと人らしきモノが見える。

来島海峡大橋の前後はループ橋になっていてまるでミニ四駆のコース。いよいよ四国上陸になる。

四国上陸後は市街地を走り、ゴールを目指す。

個人的にはここに入るのまでがしまなみ海道だと思っているのだが、両親は体力を使い果たしたそうで「そんなヒヨコはいいから宿に連れていけ」

※チェックイン後に一人で出直した

2日目の宿は「ホテル今治菊水」

初回の時にも利用したサイクリストに優しい宿で、自転車と一緒にチェックインしてそのまま部屋の中まで持ち込むことができる。部屋は敷布団の和室で、館内には家族風呂がある。

ここは食事が豪華だったのがとにかく印象に残っていた。今回も来島鯛の煮付けをいただく。

設備も申し分なく、食事も豪華でサービスも良い。それなのに8300円/人で、前回の連休時でも12000円くらいとコスパに優れた宿。

自分が調べた範囲では今治駅周辺にここより良さそうな宿が見つけられなかったのでおすすめがあれば教えて下さい。

 

最終日は元々の予定では今治港からフェリーに乗り、5月に走って感動したとびしま海道を走って広島から帰るつもりだったが、これまでの平均時速や初心者2人の体力を考慮して中止し尾道観光で締めくくることにした。

今治から尾道へは電車は通っていないので自走するか高速バス「しまなみライナー」を利用する。今回は今治駅からしまなみライナーで因島大橋まで戻り、向島のみ自走して尾道に戻ることにした。本数はそれなりに出ていて2022年9月現在予約不要で乗れるので敷居は低い。ブロンプトンはバスの下に横倒しで入れてもらった。

来島海峡大橋多々羅大橋など今回の旅のハイライトを眺めつつ、本当にあっという間に因島に戻ってきた。車やバイクで走る楽しさを否定するつもりは全くないが、しまなみ海道に関しては最も適しているのは自転車だと思う。

見慣れない尾道に至るブルーライン今治行きしか経験がないので新鮮。次は今治スタートで走ってみようか。

最終日も思わず笑顔になる天気の良さで、速度を落として瀬戸内海を味わいながら進む。今後も何度も来るつもりなのでさみしくはないよ。

向島、最後の立ち寄りスポット「後藤鉱泉所」

漫画にも出てきたスポットで、いつも行きたいと思いつつスタートして間もないところなのでなんとなく寄ったことがなかった。

代表的なマルゴーサイダーほか、10種類近くの様々なサイダーたち。グッズも豊富でお店として見どころがありすぎた。ステッカーなども購入。

これが締めくくりの味!

今治から連れてきたバリィさん。サトシのピカチュウ的なポジションになってもらうべくサドルに取り付けた。

渡し船尾道に帰る。漫画のようにゴールが尾道というのも味がある。やはり次は今治スタートだな。

 



3日間、たくさん寄り道をして総走行距離なんと130km。

繰り返し繰り返しであるが両親は初心者サイクリストなだけでなく、運動習慣ゼロはもちろん、なるべく身体を動かさずしかしカロリーはなるべく摂って過ごしている一般的な中高年である。そんな2人でも3日間、ブロンプトンしまなみ海道を全身で満喫して走破することができた。

新幹線さえ乗ればすぐにしまなみに来られる、それだけで日本人に生まれて本当に良かったと思う。憧れで終わるにはあまりにも勿体ない。そして何度訪れても同じように感動できるし、違う見え方がある。1日で往復してみたり、ブルーラインを無視して島をディープに味わったり、楽しみ方はたくさんある。

日本アルプスのように初心者や高齢者では来られないような難易度の高い場所ではないので、個人的には、一生に一度、ではなく何度もしかも気軽に訪れて身体の一部にしたいと思っている。

最後にひとこと。【しまなみはいいぞ】