山と自転車とカメラ

趣味の記録です

紅葉を見に乗鞍ヒルクライムしてきた

10月上旬といえば山ヤにとっては紅葉が終わっていくシーズン。運良く週末の予報も良さそうということで、乗鞍で紅葉ヒルクライムしてきた。

甲府昭和ICから高速に乗り、松本ICで下りてから国道158号線をひたすらまっすぐ進む。出発から2時間くらいでベースキャンプとなる乗鞍観光センターに到着する。標高は1450m。ゴールの畳平は2702mで、標高差1400m近くを20kmかけて上っていく。

今日の予定は畳平までヒルクライムしてから眺望が良さそうなら剣ヶ峰まで登山するハイブリッドヒルクライム

f:id:kamiyashiro-i:20211010094221j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094224j:plain

ひつじ雲が飾る秋らしい空。綺麗だけど天候が悪化するサイン。気合い入れて早めに登ろう。

ちなみにうろこ雲とひつじ雲の違いは空に人差し指をかざして、雲が指の幅を超えるかどうかで見分ける。ひつじ雲の方が低いところにある分近いうちに天気が崩れる。こういう昔からある生活の知恵みたいなのが好き。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094229j:plain

山頂方面を望むと遠目でも木々が色付いているのがわかる。ここらの山は山肌がかっこいい。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094232j:plain

右側の尖った山が主峰、剣ヶ峰。ゴールの畳平はさらに右側の方。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094235j:plain

元々重たいDOMANE SL5に上着や鍵やら積載して総重量は恐怖の12キロ超え。それでも楽しく登れる程度には全対的に斜度が緩めで挑戦しやすいのが乗鞍の良いところ。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094237j:plain

上り初めて20分くらいすると三本滝レストハウスに到着。ここより先がマイカー規制となっている。ここまでは車で来られ、スタート地点にする人も多い。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094240j:plain

ここからしばらくは森の中。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094243j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094246j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094249j:plain

リフトを過ぎるくらいで一旦森を抜けて、最初の眺望が味わえる。

斜度も緩くなるところなので写真を撮りがてら小休止。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094252j:plain

次第に視界を遮る木々がなくなっていき、乗鞍エコーラインの全貌を見ながら上れるようになる。まだ山頂方面が晴れていて安心する。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094255j:plain

紅葉に挟まれ山頂も見え、ヒルクライム嫌いでも思わず笑みが溢れてしまう。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094257j:plain

休憩スポット、位ヶ原山荘。ろんぐらいだあす!に出てくる場所らしく、漫画のワンシーンが飾られていたりする。登山客も多いが、彼らはどこから歩いてきているんだろう…。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094303j:plain

色付きは良いけど枯れ木も目立つ。9月末くらいがベストなのかな。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094306j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094312j:plain

位ヶ原山荘以降は登山でいうと森林限界を超えた稜線上のような道のりで、上を見れば乗鞍岳、下を見ればこれまでの道のりを眺められる。斜度も5−6%くらいで上りやすくなってくるけど酸素も薄くちょっとキツくなってくる。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094315j:plain

色付きも見事。燃えるような、とはこのことか。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094321j:plain

ゴール手前、肩ノ小屋口。バス停でもあり、剣ヶ峰登山口でもあり。左の方の斜面には夏場は雪渓が残っていて、季節外れのスキー・スノボをする人達がいる。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094323j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094327j:plain

振り返って1枚。バスは遠目に見るとミニチュアのようでかわいい。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094330j:plain

上り切ったところで岐阜県に突入。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094335j:plain

長野県松本市岐阜県高山市のちょうど県境になっている。あとは200mくらい道なりに

進むと畳平。なんか雲が出始めてきたな…。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094337j:plain

県境から畳平の途中に乗鞍スカイライン(岐阜側からのヒルクライムルート)が分かれる。正面やや右に飛び出して見えているのは槍ヶ岳。ほんの一瞬だけ見えた。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094340j:plain

そして畳平到着!

よくローディーがやっている自転車を持ち上げる写真撮りたかったけど人が多かったのでパス。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094343j:plain

この日は天気が良く自転車乗りや登山客が大勢いた。MTB乗りやミニベロ乗りも多い。

登山客は普段着に近い服装の人が多い印象。おそらくもっとも手軽に登れる3000m級で、今度細君を連れてこようと思う。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094346j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094348j:plain

さて、雲が厚くなってきたけど山ヤとしてとりあえず登ってみる。前回はスニーカーを持参して履き替えたけど、今回はSPDシューズだからいけるっしょ!というメンタルに。ついでにサコッシュ的なものも忘れたため人生初、手ぶら登山へ。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094351j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094353j:plain

剣ヶ峰方面への分岐点。右に見えているのが剣ヶ峰だが、雲が厚くなり眺望は期待できなさそう。畳平から剣ヶ峰はだいたい1時間だから行くだけ行くか…うーん…

 

f:id:kamiyashiro-i:20211010094411j:plain

山頂がガスっているのが分かっている以上やはり気乗りせず登頂は中止。代わりに手前の富士見岳を経由して畳平に戻ることに。一度行ったことがあるとこういう撤退がしやすくて良い。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094356j:plain

エコーライン方面。こうみるとまだまだ緑が茂っているな。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094402j:plain

左端が乗鞍スカイライン、正面は大黒岳。晴れてたら槍・穂高が見えるであろう方角。槍ヶ岳が一瞬見えてしまっただけに悔しい。またヒルクライムしにくる理由ができた。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094408j:plain

畳平方面。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094413j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094416j:plain

長野方面。所々見えている道が今日登ってきた乗鞍エコーライン。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094421j:plain

富士見岳からの眺望を満喫したところで帰路へ。帰りはほぼ漕ぐ必要なしの最高のダウンヒル

f:id:kamiyashiro-i:20211010094424j:plain

車重があるからなのか、ちょっと進み始めるとあっという間に時速40kmを超える。直線になるとすぐ60kmまで加速する。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094427j:plain

のちにデスクトップ写真に採用される1枚。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094430j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094433j:plain

f:id:kamiyashiro-i:20211010094435j:plain

下っているとクライマー達が心なしか恨めしいような目線を向けてくる気がする。

行きはスピードが出ていないからそこまで意識しないが、山道だけあってカーブの連続。ちょっとコーナリングで外に膨らむとバスが来てたりクライマーがいたりするので本当に怖い。リムブレーキ車時代にダウンヒルで曲がり切れなかったことがあるので、ディスクブレーキは本当に安心感がある。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094438j:plain

山頂方面はすっかりガスの中に。ただし紅葉とか緑に関しては曇り空の時の方が色が映えて美しく写る(カメラ雑誌で学んだ)。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094442j:plain

乗鞍エコーラインは上りではあまり意識しない点として、カーブが多いことの他に地面の凹凸がある。ダウンヒルすると分かるのだが結構道がデコボコしていて、時速40km以上出ていると結構跳ねる。特に序盤の森の中の道は本当に危ない。

DOMANEは上りには弱いけどこういう道で安定性を感じる。以前のアルミバイクと比べると下から突き上げられるような感じがほとんどない。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094448j:plain

今回初運用となる自転車の車載キャリア。見た目は不安だけど高速に乗っても山道でクネクネしても全く影響なかった。今後も活躍してもらおう。

f:id:kamiyashiro-i:20211010094451j:plain

下界は出発時と変わらない、秋らしく気持ちの良い空。ヒルクライム嫌いを自称している私でもつい来てしまう魅力を持っている。斜度も優しめで初心者、ヒルクライム嫌いでも楽しめる乗鞍ヒルクライム。いかがでしょうか。

 

上り:ライドタイム2時間05分、獲得標高1243m、走行距離21.99km、平均速度10.5km/hr

下り:ライドタイム37分、平均速度31.8km/hr